夜摘み海苔
 

有明海産の海苔が美味しい秘密…

夜空
有明海の特徴は、最大約6メートルの干満の差があり、多くの川が流れ込むため、潮の流れがたいへん速く、また、大潮時には上げ潮と下げ潮の流向はほぼ逆向きにかわるため、海の水が海底までかき回され、海の隅々まで酸素が行き渡り豊かな生態系が形成されます。 
この干満の差を利用して海苔が海水の栄養と太陽の光を交互にたっぷり吸収することで、豊富な栄養素をたくさん吸収し、風味豊かで柔らかい海苔が作られます。さらに、川の真水と外洋の海水を混ざるため、海苔養殖に適した塩分濃度に調合してくれます。  
まさに、有明海は海苔作りに最適な環境です。

夜摘み海苔が美味しい秘密…

夜海
この環境の中で育てられた海苔を、夜中に収穫し厳選して使用しているものを、夜摘み海苔として皆さまにご紹介させて頂いております。 海苔の細胞が眠っている夜に収穫することで、海苔に含まれるうま味成分が保たれ、さらには仕上がりの色艶も良くなるのが特徴です。
海苔は、焼き過ぎると苦味が出る一方、焼きが足らないと香りが立たないたため、この大切に育てられた海苔の旨さを最大限に引き出せるよう、焼き具合にも、細心の注意を払いながら丁寧に焼き上げております。  
『海苔を最も美味しい状態で食べて頂きたい』という海苔師達のこだわり、匠の技がいっぱいに詰まった逸品です。
  
夜摘み海苔焼き海苔 夜摘み海苔焼き海苔 夜摘み味海苔  
  
海苔師達のこだわりの逸品を、是非ご賞味ください。
 
夜摘み海苔